ペルペルの新築雑記。

一条工務店で新築を建てることになりました。ついては沢山の方のブログを拝見し参考になったので、自分の記事もこれから建築される方の参考になればと思います^ ^

i-smart の工法⑤

i-smart は俗に言う「ツーバイ工法」ですが
2×6材が使われています^^



1階部分は防腐、防蟻(ボウギ)剤が
加圧注入されているので、こんな色です^^;
75年ほどもつそうです。



「柱」と呼べるものはなく、
この様に2×6材の貼り合わせで強度を造っている
のが特徴かと思います。


2階部分は加圧注入されていないので
木材そのものの色をしています^^

やはり、ツーバイ材による組み合わせ。
ここに石膏ボードや構造用合板が貼られて
壁になる様です。


ツーバイ工法のメリットですが、
・耐震性が優れている。
・工事期間が短く完成は早い。
・気密性が極めて高い。
・防火性と断熱性が高い。
・空調管理が容易で省エネに優れている。

高度にシステム化・マニュアル化されている技術なので
現場で高度な技術が不要で品質が均一でムラが無い。

確かに軸組工法に比べて工期は短いかも知れません。
技術の習得は容易で、正直、教えてもらえれば
私でもできるんじゃないかと思いましたw


続いてデメリットですが、
・将来的に間取りの変更が困難。
・木を露出したデザインが困難。
・木による調湿が期待できない。
・小規模の工務店では対応できない事が多い。
・高温度の環境では湿気が抜けず腐食の可能性がある。

パネルをあらかじめ貼ってしまうので
木を露出させるというデザインは困難です。
基本的にはクロス貼りの内装になってしまいます。
クロスを木目調にするという事は出来ますが
柱や梁を露出したい人にはむきません^^;
和室は床柱ができるので不可能ではないと思いますが。
マニュアルから外れるとオプションになってしまいますw

また、上棟の記事でも書きましたが、
総勢10名以上の人材確保が、小規模な工務店では
逆にコストアップになってしまう可能性があります。



工期が短く、マニュアルが簡易的であるという事は
建設会社側、施主の双方にメリットが
あるように思います。

ただし、軸組工法にこだわる人の気持ちも
私は理解できるところがあります^^
デザインや「木」にこだわる人は断然、
軸組工法が良いと思います^^

我が家は寒冷地でとにかく
「寒くない家」にこだわっていましたw
後はi-smart のコンセプトが私達夫婦に合っていた
のではないでしょうか^^


今まで何気なく見ていた住宅の建築現場ですが
我が家の建築を目の当たりにすると
これが「ツーバイ工法」かあーと
改めて、初めて見る様な物を見てる感覚で
感動します^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

上棟①

ついに我が家も上棟。

総勢12名のチームで着々と造ってゆきます。

2日で屋根まで出来るという事で始まると早いです^^


フィリピンチームは日本人の責任者中心に
4名が無駄な動きなしに仕上げてゆきます。
よく動くし無駄な動きがなく関心しました^^
仕事は早いです。


一条工務店の部材がフィリピンの工場で
大体仕上がっているとはいえ、
家一軒となると部材も多く
2日という工期は余裕がないように思います^^;

やはり、3日間必要かなwと私は思いました。
予備日に1日取ってあり実質我が家も屋根まで
3日ですかね。

ご苦労様です^^


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

雨降って地固まる

雨降って地固まるとは、揉め事の後は、
かえって良い結果や安定した状態を
保てるようになることのたとえ。


私は争い事、喧嘩は嫌いですが
最近はこのことわざがよく頭をよぎりますw

これ家造りにも言えます。

言いたくない事を言わないと
良い家にならない気がしますw


父親が「喧嘩できない奴はダメだ。」と
言っていた意味がようやく分かる年になったのか
真の喧嘩の意味が少し分かったのかも知れませんw
しかし、極力言い争いは避けたいです^^;





さて、

上棟の準備として足場が組まれました^^
足場は足場で業者がいて
柵は柵で業者がいるようです^^;
沢山の方、業者が我が家の建築に携わっていて
大変、感謝しております。
そんな家に住める事を幸せに思います。


いろいろありそうですが、引き渡しまで頑張ります^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

続、床下の断熱材

我が家の床下断熱材が社外製の
「硬質ウレタンフォーム」であることが判明w


コメント下さった方、ありがとうございます^^;


嫁と話していて、
社外製のウレタンフォームかXPS になる
という様な説明を受けた気がするなーと
今更、思い出しました^^;


コメントを見なければXPSだと思い込んでいたので
確認できて良かったです^^重ねて御礼申し上げます。


一条工務店のウレタンフォームは
特殊なウレタンフォームで
普通のウレタンフォームより薄いという事は、
いろいろな方のブログや一条の担当から聞いて
知っていました。

我が家の床が5㎝上がる事も承知していたので
特に驚きはしませんでしたが
一言、説明が欲しかったですね。
「ペルペルさんのお宅の床下断熱材は
社外製ウレタンフォームになります。
予定通り5㎝上がります。」と




ブログを見ていてもいろいろあるし
一条工務店が説明をあまり積極的にしない
というのも今更なのでw




これから一条工務店で建てる方
というか一条工務店に限らず、新築を建てる方
いろいろ腹立たしい事、
心配する事があろうかと思いますが
ハウスメーカーと意見交換しながら
良い家を目指しましょう^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

床下の断熱材

一条工務店の床下断熱材は元々
ウレタンフォームでした。
諸事情でXPSという断熱材に変わり
床下の厚さが5㎝厚くなりました。

以前、断熱材の記事を書いたところ
XPSの断熱材のメーカーは
日本に3社しかないという事で
以下の様になっていると
コメントして下さった方がいました。
ありがとうございました。

青色=スタイロフォーム ダウ化工社製
緑色=ミラフォーム JSP社製
薄いオレンジ=カネライトフォーム カネカ社製


で我が家のこれです

おそらくカネカライトフォームですね。

【追記】
写真の断熱材は社外製ウレタンフォームで
厚さは139㎜です。
我が家はXPS でも社外製ウレタンフォームでも
床の厚さは変わらなかった。。。これいかに

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

棟梁と話す①

一条工務店の家は誰が実際建てるのか?
大工さんです。
大体地元の工務店、大工さんが建てると思います^^
ただし現場監督は一条工務店の社員です。

我が家も地元大工さんです。
少し安心しますねw

ハウスメーカーも実際建設するのは
大工さんかと思います^^
自分の知る限りではハウスメーカー
下請けという形で請け負ってます。

これは一条工務店以外の
ハウスメーカーでも同じ様ですね。

水道や電気工事も一条工務店提携の専門業者です。




先日、我が家の棟梁と少しお話をさせてもらいました。
見た目はコワモテですが気さくな感じで
話をして少し安心しました^^
ちなみに差し入れのお茶を持参w


話の内容は、天気の話と「一条工務店は暖かい」という
話ですwあとは世間話。
棟梁いわく、「◯屋ホームより暖かい」との事。

床貼りは2人で1日あれば完成するとの事
「床上げ?」、「土台据え?」という作業です^^;

実際、1日で完成^^
綺麗にシートが張られていました。
この状態で上棟待ちです^^

棟梁の話では、上棟の2日間晴れれば大丈夫との事。
我が家は2日間で屋根まで出来るようです^^


他の方のブログ見ていて若干作りが違うなと思った点

通気のスペーサーが全面施工ではなく
所々になっている。
このスペーサーは
床の柱部分に最初から付いていました。
コスト削減、作業時間短縮でしょうか
企業努力してますね^^
強度的に大丈夫?という疑問はありますw
が、ここまでくるとその辺は
ちゃんと構造計算されているんだろうなと思います^^;



スペーサー部分、
基礎と柱の間にメッシュ状の金網が施工。
通気を確保しつつ小動物や虫の基礎内への侵入を
防げるくらい細かい目になってます。

こんな感じで上棟を待つ我が家です^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

見たぞ!

今回の記事はネタ的なものですw



最近、難しい記事ばかり書いて
少々、疲れ気味w



そんな中
私は見た!

アップw

積水化学工業株式会社!

排水管のフタには一条工務店と書いてあるのに!
一条工務店さん仕入れましたねw

私は全て一条工務店の部品と思っていましたが
さすがにそれはないかw

積水化学工業株式会社のホームページを見てみると
配管関係の部品は全て積水化学工業製品みたいですねー

まあ、電気はPanasonicみたいな事だと思います。

住宅の材料も多岐に渡りますからね。
積水化学製品なんて一級品て事で逆に安心です^^

余談ですが
積水化学工業の住宅がセキスイハイムです。

似ている社名の積水ハウスはまったくの別会社。
ややこしいですね^^;


ちなみにブログ等でよく見かけるブルーと
オレンジと白い管はエスロペックスという
製品のようです^^


Amazonでも買えますw
Amazonってなんでも扱ってますねー

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

i-smart の工法④

前々回記事より、
・耐力壁線相互の距離は12m以下としかつ
耐力壁線により囲まれた部分の水平投影面積は
40㎡以下(ただし構造耐力上有効に補強した場合は
72㎡以下)とする。

ツーバイ工法の基準の一文ですが

さっぱり意味が分かりません^^;

理解するにはまず耐力壁ってなんだって所からですw


耐力壁とは
建築基準法第20条の規定に基づいて
地震力や風圧力による水平方向の力に
対抗することができるように、筋かいを入れ、
または構造用合板などを張った壁のことを
「耐力壁」と呼ぶ。

基本的に柱や梁で構成されている「軸組工法」は
筋かいを入れて耐力壁として
「ツーバイ工法」は構造用合板や石膏ボードで
耐力壁とする様です。

なるほど、i-smart は
構造用合板にてモノコック構造になっているので
外壁に関しては、耐力壁と呼んでいいのですね。

結局、耐力壁は建築基準法で決まっているので
どんな家を作ろうが必要であるし、
自然とそんな家になっているはずです。

図を入手しましたが、
ただし構造耐力上有効に補強した場合は72㎡以下
ここの文章が若干違うんですよね^^;
図では60㎡以内です^^;
調べてみると72㎡まで可能な様です。
耐力壁に囲まれて開口部の基準を満たしていれば
6m×12mの空間が設計可能です。


i-smart において「なんでここに壁ができちゃうの?」
という疑問は
この耐力壁の基準を満たす必要があるからです。
という事で、広い空間には憧れますが、
耐震性を考えると必要な壁なのかなーと思います。
広い空間を作ろうとすると制限に
引っかかるという事ですね。

6m×12mって結構広いですよ。
約21坪なので、約42畳です。
ただし、2階建てだと計算が違うだろうし
吹き抜けがあると計算が違うと思います。

平屋で真四角であれば
21坪の空間が作れるのでしょうか?

いろいろ制限はあるもののi-smart は
木造住宅にしては広い空間が作れるという事です。
しかも、建築基準法を守りつつ、さらに厳しい基準を
設けていますので、耐震性に関しては安心できますね。

あとは間取り優先にするのか、空間優先にするのか
悩ましいところです。

我が家はすでに建築中なのでどーにもできませんが
まあ、間取り優先になっていると思いますw

今更、工法について勉強するのは遅いですがw
少しでも不安要素がなくなればと思います。
何より、自分達が一生住む事になるので
いろいろ知りたい欲求もあるのですが^^

続きはこちら^^
i-smart の工法⑤ - ペルペルの新築雑記。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

i-smart の工法③

また、つまらぬ記事を書いてしまった。




前回、i-smart は「枠組壁工法」である。
という事でした^^
まあ、「ツーバイ工法」とか「ツーバイフォー工法」と
言われています^^


一条工務店ハウスメーカーでありi-smart は
「工法」は選べません。
一条工務店でも違うシリーズは工法が違ったはずです。
例えば
セゾンは木造軸組工法(在来工法)だと思います。
木造軸組工法については
興味が湧いたら記事にするかもしれませんw
ただ、昔から日本にある工法で設計の自由度は高いみたいです^^
技術を要するので職人の腕次第みたな
拘りの強い人向けな感じがします。




さて、ツーバイフォー工法なんですが
よく例えられるのは「箱」です。

箱という事で、「床」、「壁」、「天井」、「屋根」で
支え合っています。たぶん^^;

ダンボール箱を組み立てて、窓の部分をくり抜いた。
そんな感じだと思いますw


なので、まず基礎ができると、その上に床面を
貼ります。


箱は6面体ですが、これって強いのでしょうか?

一条工務店のホームページからお借りしました。
このモノコック構造ってどこかで聞いたことあるなー
と思っていたら、車の構造を勉強した時に出てきた事を
今、思い出しましたw


車ってフレーム構造とモノコック構造があって
現在はほとんどモノコック構造だと思います。
ランドクルーザージムニー等、一部のSUV車は
拘ってフレーム構造があるようですね。

モノコック構造のデメリット
・衝突によるボディの変形(歪み)で走れなくなる
・少しの変形がボディ全体に影響してしまう
モノコック構造は衝撃吸収力が高いですが、
衝突によってボディの一部に強い衝撃を受けてしまうと、簡単に歪んでしまいます。
オフロード車や軍用車では、ボディがどれだけ歪んでも
フレームが無事なら問題なく走れるので
フレーム構造が採用されているらしいです^^

果たして、モノコック構造の住宅は強いのか?
モノコック構造はもともと航空機用に開発されたらしく
極限の強度が求めらる場所に適しています。
住宅のモノコック構造は台風や地震には強い様です。
竜巻とかどーなんでしょうね^^;
竜巻とかハリケーンとかに強いとなると
鉄筋コンクリートの家しかないかなーw

最近、一条工務店もシェルターとかやってますが
耐震用ですよね。
やっぱり、地下シェルターかなーw


今回はだいぶ話が逸れましたが、以上です^^;
続きです^^
i-smart の工法④ - ペルペルの新築雑記。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

水道関係配管ほぼ終了!

水道関係の配管がほぼ終了しました^^
素人目線ですが、図面通り。当たり前かw
他の方のブログを見て不安になったので
担当にいろいろ聞いてみたりしました^^;



奥の塩ビ管が排水管なんだとか
実際に水道配管がどーなってるのかを確認
見ていて面白いです^^
配管関係は濡れても大丈夫なんだそうで
中途半端にシートとかしない方がいいみたいですねw

これから上棟と並行して住設を設置する際に
各配管と住設をつなぐ様です^^
我が家の水道工事業者さんは地元の業者さんで
かなり信用していたので任せきりでした^^;

施主はいろいろ不安になったりするので
何か気になるところは聞いた方が良いですね。


今回、1番気になっていた場所の写真です。
私には正解が分かりませんが、これから施工される方の
参考になればと思います^^

某先輩ブロガーの方も言っていましたが
一条工務店は水道配管も部品を一条工務店側が供給して
水道業者さんが施工する仕組みです。
粗悪品はまず使われないという事で安心できます。
それから上の写真の排水管の曲がりの部品が
透明になっている事。
これってすごい配慮だなーと私も関心しました。
しかし実際、作業するのは各業者の人達で
いろんな人がいるわけですが、
業者を選んでいるのは一条工務店なので、
何かあったら一条工務店の責任であると思います。
仕事なんだから最低限のルールやマナーは
厳守するのが人として当然だと思います。
私達はそれに対してお金を払っているのですから。

私自身もそんな仕事ができれば良いと思っています^^



配管の写真は沢山ネットで見れるので
我が家と比べたりして見ているのですが
なんか、我が家の配管て単純?だなーと
平屋だと結構、複雑な気がしますね。
水周りが外壁に面している点も、配管の距離や
分岐が少なくて済むのかもしれません。
各水回りが離れていると
基礎に配管の穴を沢山開ける事になるので
作業も大変そうです^^;

配管を実際見ると、
水回りがまとまっているとスッキリしてますw
ただ、施主は普通間取り優先で考えますよねw
配管を考えて間取りは考えません^^;
後はオレンジの配管とピンクの配管のお宅があるので
なんでだろう?と思っていますw


我が家も床貼りが始まりまして
大工さんとお話をしたのですが
その模様は次回記事にしたいと思います^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^