読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルペルの新築雑記。

一条工務店で新築を建てることになりました。ついては沢山の方のブログを拝見し参考になったので、自分の記事もこれから建築される方の参考になればと思います^ ^

打ち合わせを振り返る⑦

打ち合わせ

突然ですが

我が家はこの手の商品は1度は食します^^

ニンニク臭がハンパないです!w
美味いことは美味いです。
胃弱の人は注意が必要かも知れません^^



さて、本題ですが
11月上旬^^
ここから2代目設計士との打ち合わせとなります。


ここまででほぼ間取りは決まっていたので
細かい仕様の確認がメイン^^


内容ですが

・ウッドデッキの大きさ変更。色はナチュラル
大きさは再三変更していますw

色はこれです^^

・勝手口階段2方向、網戸追加
勝手口は標準で2方向に降りれる仕様にできます。
網戸は勝手口が別途扱いで割高ですが必須でしたw

・バルコニーの床をタイルに
前回も確認した様な。。。WPCと迷いますね^^;

・キッチンにアクセントクロス
最終的に無しになりました^^;

・床暖のゾーンニング
1Fの床暖のゾーンは4ゾーンで
LDK・玄関、和室、脱衣所・風呂、
トイレ・ホール・謎の洋室としました。
謎の洋室については
後日Web内覧会をするかもしれません^^

・バスルーム、キッチン窓をトリプルカスミガラスに
ブラインド内蔵にできますが。。。前回も同じ内容がw
断熱性を気にする方はトリプルに^^
視線が気になる方はブラインドに^^

・オプションになる窓を確認、ウォークイン、2階の窓
部屋の大きさや窓の大きさによって
オプションになる窓がある様です。

ハニカム確認
遮光ハニカムは閉めると結構暗くなる。
西側は標準で遮光ハニカムですが
暗くしたくない場合、断熱ハニカムにできます。
あとは紐で開閉するのですが
右側に紐を垂らすのか左側に垂らすのか確認しました^^
邪魔にならない開閉し易いなど考慮して下さい^^

・カップボードの天板御影石
オプションですがキッチンにあわせました^^

・キッチンボード確定
油ハネするであろう壁側に標準で設置。

・玄関ドア、建具確定
玄関ドアは早くから決まっていて
建具は最後に悩みました^^;

・風呂のフタ真空断熱(重い方)
重いけど溝が無いのが良いと言うことで^^
今気付きました!真空断熱なんですね^^;
断熱材について② - ペルペルの新築雑記。
身近にあります。真空断熱w

エコキュートハイパワーへ
宿泊体験棟で湯切れがあり不安になったもので^^;

・トイレのエコカラット確定

・屋根の軒を伸ばす
標準内で最大限伸ばしてもらいました^^

・下地補強箇所確認

・メーカークロス確認
価格等確認しました。
我が家は3分の1くらいメーカークロスです。
60000円位だったのでクロスは高く無いと思ってます^^
簡単にアクセントにもなりますし^^

確認事項書もいよいよ残すところ1回分となりました^^
次回は照明、そして最終確認となります^^

長々、読んで頂きありがとうございます^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
拙い記事ですが参考になればと思います^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

最近の出来事②

その他

ついに私も買ってしまいましたw


2DSです。1万円以下とリーズナブル( ̄∀ ̄)
がっつりゲームをしない私には丁度いいです^^



なぜ買ったのかと言うと
嫁さんとこれをやるために^^

私は今までモンハンをやった事がありません^^;
今更のモンハンデビューです^^
そして携帯ゲーム機も初めて購入したので
ちょっとドキドキしますねw



さて、いよいよ我が家の融資実行が始まります。

そして、翌週には地鎮祭があり新築が目に見える形と
なって行きます。
地鎮祭あるある。笑わない様に気をつけないとw

家具に関してもぼちぼち目処がたってきました。

あとは引っ越しどーするかですねー(¬_¬)

本日、私達の地域では朝から雪となっております。。。
もう雪は降らないで欲しいですw


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

窓に興味のある男ですw

窓!

大事ですw


先日もアルミサッシで建築した知り合いが寒くて
内窓を追加したそうです^^;


暖房時に窓から50%の熱が逃げる
は有名かと思います。
また暑さの7割、寒さの6割は窓が原因
なんだそうです。
そのくらい窓は大事と言う事です。


その根拠になる数値が
窓の熱貫流率(U値)=1㎡・1時間あたりに通す熱量
で値が小さいほど熱の出入りが少なく
高性能なんだそうです^^
計算式は意味不明になるので
機会があれば記事にするかもしれませんw

熱貫流率の単位は「W/㎡・K」です。
「ワット・パー・ヘイベイ・ケルビン」と読みます。


前置きが長くなりましたが
日本にはこの熱貫流率の最低基準がございません。
ですが各国にはあり、例えばフィンランド
1W/㎡・Kなのです。

一条工務店
「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」さんは
0.8W/㎡・Kを謳っております。

しかし!
以前触れた「レガリス」と言う窓!
熱貫流率0.55W/㎡・Kを謳っています!
レガリスとはラテン語で「王者」という意味だそうで
まさに王者ですw
この数値を可能にしているのが5枚ガラスと
サッシにある空間です。
そしてサッシに断熱材を入れられるという点。
男って最強とか最速とか好きねー
と言われそうですね^^;


最近、結露のメカニズムを調べておりました。
簡単に言うと「外気と室温の差」で
結露は発生するわけですが
これが数値で解明できる事を最近知りましたw

空気の中には水蒸気が含まれており
壁面にこの空気が触れた時に
水滴になる温度があります。
これを「露点温度」と言い結露の原因です。
で温度と湿度を入力すると
露点温度を計算してくれるアプリがありますw
ここはアプリを頼っていますがw
温度と湿度を入力するだけで結露の原因である
露点温度が簡単に計算されるので
参考になりそうです^^

ちなみに温度20℃、湿度50%の露点温度は
9.3℃と出ます。

室温20℃、湿度50%に保たれている室内の露点温度が
9.3℃なので窓ガラスの温度が9.3℃を下回ると
窓ガラスに結露が発生するという事で良いと思います。
同じ室温で湿度が上がると露点温度は上がり
湿度が下がると露点温度は下がります。
空気中の水蒸気の量が増えると結露し易くなります。
また、温度だけ上げても結露し易くなるようです。

あくまで数字上なので実際はどうなんだろうと
住んでから記事にするかもしれません^^;

窓の断熱気密性能は重要で永遠の課題のようですね^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

打ち合わせを振り返る⑥

一条工務店 打ち合わせ エコカラット 間取り

去年の10月中旬の話^^


突然ですがここで悲しいお知らせです。



我が家の間取りをほぼ作ったと言っても過言ではない
設計士とのお別れがありました(T-T)

カムバーック!Mr.走り屋!(ノД`)


ショックを受けた我が家は一条工務店
諦めたのでした。。。。。。



と言うのは嘘ですがm(__)m
泣く泣く2代目設計士を迎える事になりました。


で7回目の打ち合わせですが
今まで決まった事の確認。。。。
まあ確認の意味も含めて付き合いましたw


いろいろ細かな仕様を確認して
残すところ4、5回で最終仕様確認までいこう
となり終わりが見えてきました☆o(≧▽≦)o

さて7回目の内容ですが
・エコカラットの種類確定
・壁補強の確認
・家の配置図の確認
・クロスの確認
・エアコン追加

クロスとエコカラットは仕上がりが楽しみです^^


続きはこちら^^
打ち合わせを振り返る⑦ - ペルペルの新築雑記。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

断熱材について②

断熱材

断熱材について今更考えている今日この頃です^^;

世の中で何が1番断熱性に優れているのか気になり
真空断熱に行き着きました。

世の中には真空断熱材もあり
ウレタンフォーム50㎜=真空断熱材4㎜
すげーと思いましたw
過去の記事で空気を留めておく事により
断熱効果を得られると書きましたが
そもそも空気がなければ熱伝導率は0です。
しかし!真空とは、別に空気が全くない状態ではない
のだそうです^^;
正直、真空について調べてたら
頭がおかしくなりそうになり挫折しそうになりました。

簡潔に言うと大気圧より低い圧力の空間を真空と呼び
空気などの物質が全くない状態は、科学的には
絶対真空と言って作り出すことは不可能だそうです。
そして、絶対真空は存在しないそうです。
物質が存在しない空間は今のところ無いと言う事です。

それを踏まえて真空空間の特性とは
・酸化しにくい
・音が聞こえない
・熱が冷めにくい
・電気を通さない
・沸点がさがる
家電には結構利用されています^^
白熱電球や魔法瓶、炊飯器、冷蔵庫。
鮮度や保温性、短時間調理などに利用されていますね。
魔法瓶なんてそこに宇宙空間がある様なもの
なんだそうです。すごいですね^^

真空断熱材の商品は調べるといろいろあります。
しかし、課題もある様で穴が空くと真空状態を
維持できません。
住宅に使うにはまだまだこれから期待の
断熱材の様です。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

打ち合わせを振り返る⑤

一条工務店 間取り 打ち合わせ

昨年の8月上旬^^


前回の記事
打ち合わせを振り返る④ - ペルペルの新築雑記。
で打ち合わせ4回目、5回目の内容を振り返りました^^
今回は6回目になります。

内容は

・ウッドデッキの大きさ
減らしに減らしたウッドデッキ^^ - ペルペルの新築雑記。
我が家のウッドデッキの大きさについては
以前記事にしましたw

・勝手口階段
勝手口の階段は2方向まで標準なのでそのようにお願いしました。

・立水栓の位置
駐車スペースの近くにお願いしました。

・物干し金具の追加
取り外しができるので
とりあえず付けたい場所には全部付けました。

・ウォークインの吊壁無しに

棚は9尺以上になると吊壁が必要になります。

我が家は最終的にこうなったので
吊壁が必要無くなりました。

・バルコニーをタイルに
WPCと悩んだのですが最終的にタイルにしました。

・エコカラット
玄関とトイレに設置。結局着手承諾後に増やすことにw
着手承諾後ですが^^; - ペルペルの新築雑記。

・クロス
カタログを借りて家で検討することになりました^^;
担当はクロスは標準で十分と言いますが
オプションでも大した金額にはならないので
好きな様にした方がいいと思います^^

・クッションフロア
迷わず決まりましたw

・押入れ
各部屋の押入れ決定。

・外壁
いろいろパターンをお願いしました。

エコキュート灯油?
灯油の床暖の方が暖かいし立ち上がりが早い
と聞いていたので検討する事に。
それと灯油は凍らないので良いのではないか
とも思いました。w
結局オール電化になりましたが^^
床暖房のゾーン分けが電気だと
F-4ゾーン、2F-4ゾーンに対して
灯油は1F-2ゾーン、2F-2ゾーンに
なってしまうというのも決め手でした^^

続きはこちら^^
打ち合わせを振り返る⑥ - ペルペルの新築雑記。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

打ち合わせを振り返る④

一条工務店 間取り 打ち合わせ

昨年の7月上旬^^
だいたい月に一度のペースで
打ち合わせをしていました。

打ち合わせ4回目の内容は

シューズクロークの扉無しに
当初は扉があったんですねw
開けっ放しになるんじゃないかとか、邪魔とか
付けない人もいるんで問題ないと思いました^^
シューズクロークに
パイプ付きの棚を施工したかったのと
玄関に手摺が欲しかったので
間取り上無い方が都合よかった様な^^;
隠したければロールカーテンでもいいかとも
思いました。

シューズクロークの窓をカスミに
外からいろいろ見えちゃいますからねw

・玄関に手摺を設置
結構使うらしいです^^オプション8000円です
靴を履くときには何かにもたれ掛かる人が多いとか^^;
シューズウォールに手をついたら開いちゃいますからw

最初の間取りです^^

シューズクローク狭っ!開き戸!?w
たたき台的な間取りなので仕方ありません^^
最終的な間取りです^^

うん。イイね^^

・2階ホールの押入れをブックシェルフに
備え付けの本棚が欲しかった。書斎的なイメージでw

・2階ホールの棚を150㎝に
プリンターやパソコンを置く予定です^^


・キッチン換気扇の天井の形の変更
ダクト部分だけ下げると凸凹になるので
全体的に下げましょうと設計士案です^^

・カップボードの窓カスミに
ブラインド内蔵にできますがペアガラスになるし
視線もカスミとハニカムで我が家は
気にならないという事で

・冷蔵庫とパントリーの位置
キッチンの近くに冷蔵庫があった方がいいのか
パントリーがあった方がいいのか主婦目線でw

リビングから冷蔵庫へ行く動線がある等考慮して
最終的にこの間取り^^

シューズウォールの上開けない
希望で開けられるようです^^
浮いているように見えるのがねらいだったようですが
開けない人の方が多いとか^^;
ライト付けるとカッコよくなりそうですが
埃を嫌った我が家では却下w


・オープンステア下の窓をカスミに
最終的に間取りが変わり窓は無くなりました^^;
いろいろ設計士が案を出してくれて^^
犬が外を覗ける位置に窓付けるとかw

リビングの通気とか^^;
しかし、リビングに窓がいっぱいあると
外部からの視線が気になり落ち着かないです^^

・主寝室にエアコン設置
一応オプションで設置

・電動ハニカム
1箇所10000円です^^
吹き抜け窓から紐が垂れるのは嫌w
大きな窓のハニカムは重いらしいw

・次回、窓サッシ打ち合わせ


毎回、結構内容があります^^
振り返ると当時を思い出しますね。

5回目の打ち合わせは宿泊体験棟で行い
窓の大きさの確認や間取りを少し確認しました。
担当がいなかったため確認事項書がない^^;
エアコンが効いていて寒かった記憶があります^^;
冷房もかなり効く印象を持ちました。
それより何より設計士の登場の仕方がインパクト強くw
今でも思い出します。
私達夫婦にしか分からないと思いますが
私達より少し遅れて来た設計士は
自家用車で現れました^^
勝手にファミリカーのイメージを持っていた私達は
颯爽と走り屋風の車で現れたので
ギャップにやられたのですw
元走り屋!?w

お陰で良い家になりそうです。
ありがとうございました^^

続きはこちら^^
打ち合わせを振り返る⑤ - ペルペルの新築雑記。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

フロアコーティングとエコカラットを考える^^③

一条工務店

フロアコーティングをされる方は結構皆さん
やっている事なので珍しくも無い記事ですが
サンプルによる実験です^^

材質がi-smart と違うのではっきりとは分かりませんが
ナノピークスとナノグラスの違いが分かります^^

説明は不要かと思いますがマッキー油性ペン
わざわざ買いましたw

上がナノピークスで下がナノグラスです^^
やはりナノピークスは弾くのに対して
ナノグラスはしっかり書けます^^

どちらも綺麗に落ちます^^
触ってみると分かりますが
ナノピークスは滑りません^^
ナノグラスは多少滑ります。
掃除がし易いのはナノグラスかなと思いました^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

打ち合わせを振り返る③

一条工務店 間取り 打ち合わせ

前回記事からずいぶん経ちましたが
打ち合わせを振り返る第3弾w
打ち合わせを振り返る② - ペルペルの新築雑記。
の続きです^^

打ち合わせ3回目の内容です。

去年の6月の話。ほぼ記憶に無い内容ですw
確認事項書を参考にしてます。

打ち合わせ内容は
・玄関の間取り
間取り②玄関 - ペルペルの新築雑記。
間取り⑦玄関part2 - ペルペルの新築雑記。
・玄関からリビングへのアプローチ
我が家のこだわりとは②間取り編Part2 - ペルペルの新築雑記。
・2階のホール
広いバルコニーとクリスマスケーキw - ペルペルの新築雑記。
・トイレのサイドカウンターを無しにする
間取り⑤一階のトイレについて - ペルペルの新築雑記。
・バルコニーをWPCにする
(最終的にはタイルになりました^^)
・玄関のドアとポーチ決定
・外壁の決定
・水回りを西から東へ反転させる間取りを次回検討する

なかなか3回目もボリュームがありました^^;

この頃は毎日の様に間取りを眺めていましたw
我が家では通称「間取り地獄」と呼んでいますw
間取り地獄w - ペルペルの新築雑記。


最初は何と言っても間取りを決定させるという
1番時間を割いた懐かしくも苦しい思い出です^^
間取り③ - ペルペルの新築雑記。
自分達なりに間取りを模索していた期間ですw

続きはこちら^^
打ち合わせを振り返る④ - ペルペルの新築雑記。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^

長期優良住宅って何?②

その他 税金

前回記事
長期優良住宅って何?① - ペルペルの新築雑記。
の続きで長期優良住宅についての考察です^^
まあ素人ですが
これから長期優良住宅に住む事になるので
いろいろ調べ感じた事を勝手に記事にしますw

過去、一条ブロガーの方達も触れていて
申請に結構お金が掛かるがメリットがあるのかどうか
みたいな記事もありますし
メンテナンスの義務化、書類作成が面倒くさい等あり
現に申請しないという選択をした方もいると思います。
長期優良住宅ブログで検索すると結構皆さん
悩んでいる様です^^;
私は迷わず申請をお願いしましたが
正しい選択かどうかは
10年後ぐらいにわかるのではないでしょうかw


長期優良住宅の「ねらい」はいろいろあると思いますが
私達のメリットは「資産の価値が上がる」事や
「住宅保険の優遇」「税金の優遇」等だと思います。
ただし
税金の優遇に関してはいつまで続くか分かりません。
国は法律や基準を変えれるからです。
国は2020年から省エネ基準を義務化する予定です。
なので現在、大手ハウスメーカーは仕様を
省エネ基準適合住宅に合わせて建築している様です。
一条工務店も先を見据えていると思います^^


長期優良住宅の条件ですが
・構造躯体等の劣化対策
・耐震性
・維持管理、更新の容易性
・高齢者への対策
・可変性
・省エネ対策
・維持保全計画

などがあり、

・構造躯体の使用継続期間が少なくとも100年程度となる措置をとること。

・木造家屋では床下及び小屋裏の点検口を設置する。

・床下空間の有効高さを330㎜以上とすること。

建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対し倒壊しないこと。

・また構造は100年持つとしても中身はリフォームしたりする必要がありそれが容易に行えるかどうか。

バリアフリー住宅にできるか。

・一定の省エネ基準を満たしているか。

・良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたもの。

・良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。

・定期的なメンテナンス計画があるか。


などを満たしている必要があるようです。

こういうことを調べていくと
必ず出てくる得意の団体w
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会| HOME
ありました^^興味ある方はどうぞ。
こういう団体のホームページには素人にも
分かりやすい説明があります^^

上記の様な様々な基準をクリアしている
長期優良住宅ですが長期優良住宅の申請を通れば
安心なのかというと必ずしもそうではない様です。
なぜなら申請はあくまで書類上だからで
実際の建物をよく見て審査してる訳ではない
様なのです。
長期優良住宅=品質保証ではないというのが
結論かなと思います。
このままいくといずれ長期優良住宅が普通になりますw
なので一条工務店さんには
是非「品質保証」で建築して貰いたい!
と願っておりますw


こういう保証とか免許的なものは早く取得すれば
良いと個人的には思っていてどんどん基準は
上がっていってそれが普通になるので
後から基準をクリアするのはハードルが高くなる
と思っています。

そして資格を有しているかどうかが最初に
評価される入り口みたいなもんですw


話が逸れましたが
基準が上がれば良い家がいっぱい建ちそうです。
メンテナンスに関しても家に関して素人なので
基準通りメンテナンスしてれば長持ちすると
考えれば良いかなとも思えますw


長期優良住宅というひとつの基準はありますが
当たり前になるとあまりメリットは無くなるので
今のうちに申請しておくのも有りかなと思いました。

長くなりましたが
読んで頂きありがとうございました^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^