ペルペルの新築雑記。

一条工務店で新築を建てることになりました。ついては沢山の方のブログを拝見し参考になったので、自分の記事もこれから建築される方の参考になればと思います^ ^

オプションレヴュー①「キッチン天板御影石」「9尺テレビボード」

オプションは気になりますよね。
そして、採用には悩みます^^;

と言うことで

高額オプションより、「キッチン天板御影石」「9尺テレビボード」は採用すべきかどうかをレヴューしたいと思います。

最終的には完全に「好み」や「経済的理由」「間取り」等で決める事になると思いますが、悩まれている方の参考になればと思います。

まず「キッチン天板御影石」ですが、打ち合わせの時は、ブログ等を検索しまくりましたが、デメリットである「硬さ」は実際暮らしてみるとメリットでもありました。唯一、何かを冷ます時に御影石の上に置いておくと、冷めにくさを感じます。御影石の表面は冷たいのに冷めにくい^^;

しかし、チーズなど放置しておくとすぐ溶けてしまいます。

墓石を見ても分かるように、耐久性はかなり高いので安心です。出来ればカップボードにも採用する事をおススメします。「カップボードで作業する」事が多々あるからです。某インテリアショップのトイレの床に、あれはおそらく御影石です。汚れても掃除が楽だからでしょうw

「重くて硬く冷たい。一旦温まると冷めにくく、冷えてしまうと温まりにくい。って常温じゃん!!」というのが石材の持つ特徴の様です。「熱や冷気をためておくことができる」という事みたいです。気になるのは2点。ピカピカに磨いた石からは想像しにくいですが石は小さな穴があいた形状をしています。一旦汚れると落ちにくいそうです。耐火性・耐熱性に優れる(耐熱度が最も低い花崗岩=御影石でも570度) 。570度って低くないかい?と思ったのですが、対する人造(人工)大理石の耐熱度は約200〜250度(製造法で多少異なる)、御影石は耐酸性には優れているのでキッチンでも使われているみたいですね。

我が家は「汚れ対策」と「見た目」で採用したわけですが、IHという事もあり掃除は楽ちんです。油が染み込むという記事を見かけて心配していましたが、今のところよく分かりません。特性上可能性はあると考えています。



続きまして、9尺テレビボードですが、

収納力抜群で壁に埋め込みなのが良いです(間取りによっては埋め込めません)。とにかく「収納力」だけで採用する価値はあります。この品質と大きさのテレビボードを他社で、同額で採用するのは難しいでしょう。「掃除が大変」「背の低い人は1番上が使いずらい」「TVの設置が大変」というのが今のところデメリットです^^;

どちらも高額オプションという事で、悩むと思いますが、採用して後悔はしておりません。むしろ良かったかな^^


話は変わりますが、携帯でこちらの記事をご覧になっている方のために、ブログ記事のヘッダーにカテゴリー選択を採用してみました。以前に「目次」を作ると言っておきながら実現出来ず、この様な仕様になりましたw記事もだいぶ増えたので、色々カスタマイズして見やすくなれば幸いです。


長々と読んで頂きありがとうございました^^

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます。
クリックすると、一条工務店ランキングへ飛びます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^
参考になるブログが沢山ありますよ^^