読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルペルの新築雑記。

一条工務店で新築を建てることになりました。ついては沢山の方のブログを拝見し参考になったので、自分の記事もこれから建築される方の参考になればと思います^ ^

家の買い時!

私の「家の買い時」は今です!w




私達夫婦が住宅購入計画をしていた頃
丁度、消費税増税が騒がれました。
まあ、これも住宅購入の要因の1つにはなりました^^
結局、増税は見送られまして「上がんないのかい!」
と思いましたが、いつか上がるでしょうね^^;

3000万円に対する消費税10%は300万円です^^;
8%でも240万円。。。大きい^^;

その差60万円あれば外構やらフロアコーティング等で
住宅を長持ちさせるためや住みやすくするための
投資ができます^^
また60万円というと
我が家の1年間の家賃に相当します。
国やマスコミ、住宅業者に煽られた感はありますが
きっかけにはなりましたw



さて、現在「家は買い時」でしょうか?

住宅金融支援機構の資料によると
と言いましても前年度の「28年は買い時か?」
と言う資料によるとですが

一般的な「家は買い時」の理由は
住宅ローン金利の低水準、消費税の増税
給付金、贈与税非課税措置、住宅ローン減税、
住宅価額の上昇
等です。
住宅価額の上昇については
購入意欲が無くなる要因でもありますが
住宅の価値が上がるという事で
購入意欲も高まります^^
一条工務店においてもオプションの値上げや
坪単価の上昇に物価の上昇が感じられます^^;
私はさらに長期優良住宅であるという項目と
省令準耐火である。
というのも家の買い時の理由に加えたいと思います^^
節税や保険の減額、住宅ローンの優遇にもなる
と思います^^


さらに別項目では住宅業者が重要視する項目として
建物の性能、土地の仕入れ等があげられています。
「土地がないとはじまらない」からでしょうね^^
我々、消費者が重要視する項目としては
やはり建物の性能、次いで立地やデザイン
あげられています^^
両者共に性能を重要視しているという結果の様です^^

そして、性能に関しては業者は省エネ
消費者は耐久性や耐震性次いで省エネ
関心がある様です^^
まあ、業者が圧倒的に省エネに力を入れてるのは
消費者のニーズと国の基準を満たす必要がある
からだと思いますが省エネである事に
越したこした事はありません^^


なんとなくですが
こういった事を踏まえると
家は買い時だと思いますw


次回は逆に
「家を買ってはいけない!?」というテーマで
記事にしたいと思いますw


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^


一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^