読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルペルの新築雑記。

一条工務店で新築を建てることになりました。ついては沢山の方のブログを拝見し参考になったので、自分の記事もこれから建築される方の参考になればと思います^ ^

一条工務店を振り返る②

我が家は一条工務店と契約したわけですが
最初から決まっていたわけではありません^^

展示場巡りをしていろんなハウスメーカーの中から
一条工務店を選びました。

一条工務店の評価でよく言われているのが
・デザイン性の低さ
・間取りの制限
・床暖房要らない
等かなと思います。
ハウスメーカーは融通が効かない。担当に差がある。
なども大手ハウスメーカーの弱点かもしれません。
強みはコストパフォーマンスに優れている
点でしょうか。
大量生産可能、住宅関連企業との提携が強みです。

今日ちょっとした嬉しい出来事がありました^^
近所の人が前回も紹介した展示場に
ismart を見に行ったそうです。
あのキッチンはいいよーと言ってました^^
床暖房は暖かく電気代も
そんなに掛からないらしいねーとも言ってました^^
10分ほど立ち話をしてしまいましたw

私達夫婦は「寒く無い家」を求めていたので
まずデザインや間取りよりも「温かさ」に
注目していた様な気がします^^
そして「吹き抜け」を採用したいと思っていたので
それでも「寒くならない」というのが最初の
条件だった様に思います。

ハウスメーカーを巡る中で魅力的な間取りや
デザインの家は確かにありました^^

しかし、決め手は「寒く無い家」でした。

今でこそ「窓」や「断熱材」うんぬんと言っていますが
そこが大事だと言う最初の説明は
一条工務店で知った様なもんです^^

一条工務店の展示場には必ず
「窓」と「断熱材」の模型があります。
いきなり説明されても「はあ。。」
みたいな感じになると思いますがw
性能を熱く説明してくれた営業さんがいて
性能には自信があるんだなーと思いました^^
「断熱性・気密性の数値を出すと
一条工務店に太刀打ちできるメーカーはない。」
みたいな発言も記憶にありますw
今なら意味が分かりますがw
当時は「一条工務店は宣伝なんてしなくても
客が来るから営業も怠慢になるんだな」
とか思ってましたw
誤解のない様に言いますとwそこは人間
営業トークの上手い人、下手な人はいるのですw

今思うことですが「こんだけの性能があるんだから
そりゃ自信を持って売れるよなー」と思います^^

いろいろ調べると日本の住宅業界は
まだまだ良くなる分野なんだなーと感じております^^
日本は地域によって気候が違うので難しいと思います。
その地域で通じてることが他では通じません。
それこそ温暖な地域ではエアコンだけで十分です。
私達の地域では皆、口を揃えて
「寒くない家がいい」と言います^^
今日もそんな話をしてました^^
寒冷地の地域的不利な条件は
まず寒いという事w
基礎が深くなるので基礎が割高になる^^;
冬の光熱費が高くなる^^;
スタッドレスが必要w雪かきが大変w
防寒具が多くなるw
などいろいろコスパが悪い。

最後は愚痴の様な事になりましたが
「冬を快適に過ごす」は我が家の夢なのです^^


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
いつも読んで頂きありがとうございます^^

一条工務店で建築予定の方は読んでみて下さい^^